ニキビ

ニキビは部位によって治し方が違います

わからない人は参考にしてください

1位 にきび跡

詳細はコチラ⇒

なかなか消えないにきび跡
お悩みのあなたにおススメ
薬用ローションどうですか?

詳細はコチラ⇒

2位 あごにきび

詳細はコチラ⇒

汗をかかず乾燥する「あご」
保湿成分、潤い成分たっぷり
健康な肌サイクルを取り戻す

詳細はコチラ⇒

3位 胸にきび

詳細はコチラ⇒

胸元やデコルテラインのブツブツ
天然植物エキスと厳選有効成分
「クリスタルモーション」を配合!

詳細はコチラ⇒

4位 にきびケア

詳細はコチラ⇒

「殺菌」「皮脂抑制」とは全く違う
『潤い貯水型』の新型ケアが誕生
『みんなの肌潤糖【クリア】』!!

詳細はコチラ⇒

5位 お尻にきび

詳細はコチラ⇒

つる肌お尻美人が続々誕生
デリケートゾーンにも使える
@コスメ・ヒップ部門上位!

詳細はコチラ⇒



ニキビのでき方

にきびは、どのようにしてできるのか?
悩んでいる人にとっては、どのように対処していいのか?悩みますね。

ここで、お肌について説明していくことにしましょう。
肌サイクルという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
化粧品や美容雑誌やテレビコマーシャルで聞いたことがあるかもしれません。
身近でいろんなシーンで使われることがある言葉です。
お肌は、28日かけて新しく生まれ変わるといわれています。
生まれ変わるといいますが、正確には新陳代謝のほうがいいでしょう。

一番表面の肌は、古くなり垢になって剥がれ落ちます。
古くなった表皮の下にある細胞が押しあがり、肌が新しく変わる、
この肌サイクルが正常に行われていれば、キレイな肌を保てます。
キレイな肌への再生サイクルが乱れると、皮脂の分泌が乱れるわけです。
皮脂の分泌が乱れ過剰になると、毛穴に皮脂がつまってしまいます。
毛穴に皮脂が詰まると、常駐しているアクネ菌が活発になり増えていきます。
これが炎症を起こすと、にきびができるというわけです。

にきびが炎症を起こしひどくなると、跡が残ってしまいます。
跡がシミのようになってしまうと、誰もが気になります。
こうなると、皮膚科のお医者さんのお世話になるかもしれません。

病院で治療を受けるほどひどくなる前に、対処を変えましょう。
もちろん治療も大切ですが、その前の段階も大切なのです。
日頃のお手入れや肌サイクルを正常にすることを心掛けましょう。

スポンサードリンク