大人にきびの代表ともいわれる”顎にきび”
顎にきびは、「痛い」「治りにくい」「繰り返しできる」
患っている人には、とても厄介なものですよね。
原因を知り、顎にきびを作らないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?
ここでは、顎にきびができやすくなるNG習慣と原因や対策について語ります。



あの口コミで話題「顎・フェイスライン」にきび専用ジェル
「MELLINE~メルライン~」
原因として、汗をかかず、乾燥しやすい「顎・フェイスライン」
保湿成分、潤い成分をたっぷり入っています。
原因を改善して、健康な肌サイクルを作るために開発されました。
まずは試してみたいという方は、"安心"の180日間返金保証付。
悩む前にトライしてみてはいかがでしょうか?


原因1.虫歯がある
虫歯とにきびは、とくに原因とは関係がなさそうですよね。
しかし、実はそうではないのです。
虫歯が悪化すると、歯茎に膿が溜まったり、歯根からガスが発生することもある。
これらの毒素は排出されにくく、顔の表面に巡って毛穴から出てくる。
コレが原因で炎症を起こして、にきびを誘発するのだそうです。
虫歯があるだけではなく痛みや違和感がない人も、定期的に歯科検診へ行きましょう。

原因2.マスクによる刺激
風邪やインフルエンザ、花粉対策としてマスクが手放せない季節がありますね。
肌に密着しているマスクの刺激が原因となることもあります。
ひどいときには、悪化させたりすることもあるのです。

マスクはピッタリと肌にフィットするものより、やや大きめのものがいいです。
また、マスク内は湿度が高く、蒸れていてアクネ菌が繁殖しやすい環境です。
長時間の着用は、肌に悪いので避けてください。
朝夕の通勤に同じマスクを着けるのも衛生的にもよくないでしょう。

原因3.洗顔が不十分
唇の下のくぼみや顎のカーブは、洗顔が不十分になりやすい。
下の歯と顎の間に舌を入れ、膨らませてからクレンジングや洗顔をする。
原因となる汚れをしっかりと落としましょう。

原因4.PMSによるホルモンバランスの乱れ
PMS(月経前症候群)によるホルモンバランスの乱れが原因となる。
改善が難しいので、生理前後になると繰り返し顎にきびができてしまう。
そんな人にオススメしたい食材が”マグロ”。
マグロは良質なタンパク質を豊富に含んでいる。
生理前後の顎にきびが気になる方は、口にしてみたいですね。
女性ホルモンのバランスを整えて、PMSの症状を軽くしてくれます。
マグロの刺身やツナ缶を食事に取り入れてみてください。


にきびができると、それがストレスになる。
その後さらに悪化するというスパイラルに陥りがちです。

そうならないためにも、上記の原因や対策を参考にしてみてください。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »