顎にきびとは、ナゼできる?

額や鼻の周りにできやすい「にきび」
顎にもできることがあるんですね。
顎は、汗をあまりかきません。
皮脂腺の多く毛穴に皮脂が詰まりやすい。
それでいて乾燥しやすい部位ですから、手入れが大変です。

あごまわりは、にきびのできやすい部位なのです。
顎を手で触ったり、ヒゲがあるので雑菌が付きやすい。
あごにきびができると治りにくい、繰り返しできやすい。
あごには、こんな特徴が挙げられます。

汗をかかず、乾燥しやすい顎の為に
保湿成分、潤い成分をたっぷり
健康な肌サイクルを作るために・・・





顎にきびの原因1:ホルモンバランスの影響

顎にできる原因の最初に挙げられるのが、ホルモンバランスです。
女性の場合は、生理によってホルモンバランスが変化する。
それにあわせて肌のコンディションも変わります。
女性ホルモンは、皮脂の分泌を活発にします。

男性の場合は、女性のような生理はありません。
ただ、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなります。
あごは、ヒゲが生えるためカミソリによって肌が傷つけられやすい。
毛穴が汚れやすく汚れが詰まりやすい、顎にきびの原因となります。

男女にホルモンバランスが乱れる原因もあります。
ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや環境の変化ですね。

ストレスを感じるとステロイドホルモンを分泌。
ステロイドホルモンも男性ホルモンも、皮脂の分泌を増加させます。
こうなると、にきびができやすい状態になりますね。



顎にきびの原因2:間違ったスキンケア不足

顔のスキンケアを毎日している人は多いでしょう。
そんな人でも顎やフェイスラインまで気が回らない人がいます。
すすぎ不足で洗顔料があごに残っていたり。
保湿化粧品が顔の隅まで補えていない。
こんなことがないように気を付けた方がよいでしょう。

あごにきびができているのに、洗顔をしっかりしない。
皮脂汚れが落とせていないと、あごにきびを繰り返す原因となります。
男性の場合は、髭剃り後の保湿ケアも大切です。

洗顔で丁寧かつしっかりと皮脂汚れを落とす。
これができていないと、あごにきびの原因となります。

保湿不足が原因となる場合もある。
皮脂の過剰分泌の原因が、お肌の乾燥である場合もあります。
保湿がなっていないと、肌の内側が乾燥する。
こうなると、皮脂分泌をさらに過剰にしてしまいます。


顎にきびの原因3:その他

その他として、紫外線も侮れません。
あごは紫外線にさらされやすい部位でもあります。

紫外線対策が不十分になりやすい部位でもありますね。

外部からの刺激、衣類の摩擦や無意識に手で触れる行為。
内臓の働きが低下していたり、冷え性が原因の場合もある。
原因を突き止めるには、体調や生活に目を向けましょう。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |