ニキビ薬

ニキビは薬で治せる?

ニキビというのは、れっきとした皮膚病の一つです
だからこそ治療も真剣にならなければいけません
病院で診察を受ける場合は、皮膚科を受診することになります

病院で受ける治療としては、ニキビ薬が処方されるのが一般的です
抗生物質の飲み薬やビタミンA、ビタミンB、ビタミンC
それぞれの誘導体が含まれた飲み薬が処方されることが多いです

最近では、薬局でも病院と同じようなものが手に入ります
病院で渡される薬と同じ成分が入った市販薬が購入できます
なかなか病院に行けない人は、いちど薬剤師に相談してみましょう


悩んでいる部位はどこ?

1位 頭皮にきび

詳細はコチラ⇒

繰り返す頭皮にきび
お悩みのあなたには
薬用ローションどう

詳細はコチラ⇒

2位 あごにきび

詳細はコチラ⇒

汗をかかず乾燥する「あご」
保湿成分、潤い成分たっぷり
健康な肌サイクルを取り戻す

詳細はコチラ⇒

3位 胸元にきび

詳細はコチラ⇒

胸元・デコルテラインのブツブツ
天然植物エキスと厳選の有効成分
「クリスタルモーション」を配合

詳細はコチラ⇒

4位 にきびケア

詳細はコチラ⇒

「殺菌」「皮脂抑制」とは全く違う
『潤い貯水型』の新型ケアが誕生~
『みんなの肌潤糖【クリア】』!!

詳細はコチラ⇒

5位 お尻にきび

詳細はコチラ⇒

つる肌お尻美人が続々と誕生
デリケートゾーンにも使える
@コスメ・ヒップ部門上位!

詳細はコチラ⇒



ニキビ薬は注意をして使いましょう

抗生物質を長期服用すると心配なことがあります
気になるのは副作用についてですね
ただし、ビタミン類の特徴としては、体への負担が少ない
サプリメントとしても薬局に売られていますね
口にしたとしても、それほど心配はいらないでしょう

塗り薬が処方されるときもあります
ニキビを悪化させるアクネ菌を殺菌する作用のある塗り薬です
抗生物質の一つ「クリンダマイシン」
これが配合されている塗り薬が一般的に処方されます

ここで忘れてはいけないことがあります
皮膚科で処方される薬にしても、市販の医薬品を使うにしてもです
どこの部位にできやすいのか?原因をよく知ることが重要です
その原因に効果があるものを使用しないといけません


薬さえ使えば、簡単に治るわけではありません
キレイな肌に戻すには時間もかかります
薬に頼る、という考え方も大きな間違いです
毎日の生活に問題がないかも考えてみましょう

ニキビの原因を根本的に改善する方法が大切!
正しいケアを習慣的に行うことが重要です

このことを心がけて薬を使わないと、なかなか良くなりません
逆に肌に負担をかけてしまいます
使うときは、それをよく頭に入れておいてください

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。