大人ニキビになると治りにくい

大人になってできる「にきび」できると簡単には治りません。
治しても気づいたらまたできている。
こんなパターンに悩んでいる方は多いでしょう。

ここでは、正しいお手入れを知っておかないといけません。
しっかり治らないだけでなく、もっと悪くなってしまう。
にきび跡が消えなくなってしまいます。
大人になってできてしまったら、正しい治し方をしましょう。
予防できる方法を知って、美しいお肌を保ちます。

大人になって悩んでいるのなら、どうしてできるのか?
まずは原因を知ることから始まります。
問題を改善しなければ、効く薬や化粧品を使っても改善しない。
間違った方法を続けると、かえって悪化するかもしれません。
こうなると、治りにくい肌になってしまいます。
炎症が良くなっても、それは一時的なこと。
原因から改善しなければ、またすぐ発生してしまう。

大人と思春期にできる「にきび」とは、原因が違います。
思春期の原因は、新陳代謝が活発なこと。
皮脂が過剰に分泌されて毛穴に詰まること。
特徴としては、皮脂の分泌が多いオデコから鼻“Tゾーン”にできる。
毛穴に詰まったアクネ菌を薬を使って殺菌、皮脂の分泌を抑えると治る。

原因やトラブルは、生活環境の変化やホルモンの影響が大きい。
仕事のストレス、ホルモンバランスの崩れ、ターンオーバーの乱れ。
皮脂分泌に関係なく、口や顎の周辺といった部位にできやすい。
肌のバリア機能が低下しやすい部位ができやすい。

原因やトラブルを改善することは大変難しい。
これまでの生活習慣を見直すことから始めましょう。
正しいお手入れを毎日すれば、お肌の状態も改善する。
大人にきびに効果的な改善法や治療法を知ること。
毎日の生活で正しいお手入れをしましょう。







大人ニキビとホルモンバランス

大人になってできる原因には、ホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスとにきびの原因には、大きな関係がある。

ホルモンバランスの異常を聞いたことがありませんか?
エストロゲンという女性ホルモンが減って、男性ホルモンが増える。
こうなると、大人にきびができやすくなるようです。


女性ホルモンのバランスが乱れる原因は、生理や更年期障害にある。
生理でホルモンバランスが乱れると、にきびが最もできやすくなる。
時期は、排卵後から生理までの「黄体期」です。
黄体期には、皮脂の分泌を活発にする黄体ホルモンが分泌されます。
ここで分泌された皮脂が毛穴に詰まると、大人にきびになるのです。

女性が更年期にできるにきび。
生理前にできるのと同じように、ホルモンの影響を受けます。
更年期になると卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンが多くなる。
皮脂分泌が活発になり毛穴が詰まる。
こうなると、大人にきびができてしまうのです。

ホルモンによる大人にきびは、女性だけではなく男性にもできる。
男性にできる場合は、その原因はストレスです。
ストレスを感じると、ストレスホルモンと呼ばれるコンチゾル。
アンドロゲンという男性ホルモンが分泌されます。
こうなると、皮脂の分泌量が増えて、大人にきびができる。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |