背中にきび対策の改善方法

背中にきびは、大人の女性でも多くの人が悩んでいますね。
薬を塗ると、スグに治るというわけにもいきません。
肌の露出が増えてくる季節になると、悩みが深くなります。
水着姿になる前に対策をして、しっかりケアしておきましょう。



海にプールとお肌の露出が増えてくると気になります。
お肌をきちんとケア対策して、自慢したいですね。
─革新的な背中にきびケア商品─
Jewel Rain<ジュエル レイン>  

・98.2%が美容成分
・60日間返金保障
・モニター参加者の91%が満足!

■対策1.十分な睡眠
背中にきびの大敵は、ストレスです。
毎日十分な睡眠を取ることが大切な対策です。
寝ることによって、糖質コルチコイドというストレスホルモンを低減させる。
十分な睡眠をとって、背中にきびを改善しましょう。

■対策2.運動
運動することも、睡眠と同じくストレスホルモンを低減させます。
体を動かすことにより、血流や体液の巡りも良くなる。
身体中に酸素が行きわたり肌が活性化します。
体にたまった余分なカロリーも消費できます。
精神的にもストレスから解放されるでしょう。
もちろん、運動後にはシャワーを忘れないようにしましょう。
背中にきびには、不潔な汗は大敵です。

■対策3.肌を清潔に
背中にきびの正確な原因は、わからないことが多い。
それでも体が不潔でいいはずがありません。
肌を清潔に保つことは、絶対に心がけておきましょう。
汗や皮脂などで毛穴が詰まってしまわないようにしましょう。
いつも肌を清潔に保つように対策をしてください。



■対策4.砂糖は避ける
背中にきびの原因とされる食事の糖質。
その他のホルモンを少なくするそうです。
砂糖はできるだけ避ける対策にしましょう。

■対策5.できるだけ触らない
完全に背中を触らない、というのは難しいかもしれませんね。
絶対というわけにはいかないと思います。
できるだけ背中にきびには触れないようにしてください。

■対策6.ハーブを摂る
パセリ、バジル、ミントといったハーブ類。
口にすると、消化器官の働きを活発にする効果があります。
栄養素として、ビタミンCなど健康的で若々しい肌を保つことができる、
他にも体に良い成分も多く含まれています。
背中にきびを作らないためにも、対策をするためにも口にしましょう。
調理としては、サラダに混ぜるなどして意識的に摂るようにしてください。

■対策7.水分を多く摂る
いつもより1日にたったコップ2杯、水分を多く摂る。
水分を多くとる対策により、身体中を巡る血液の量が増える。
身体中の肌に必要な栄養をスムーズに届けることができる。
新陳代謝も活発になり、不必要な成分を取り除くこともできます。
結果として、いつも肌が清潔でみずみずしくいられるのです。

スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »