背中にきびを改善

にきびができやすい皮脂腺は、顔と胸、肩甲骨周りの背中に集中しています。
身体の裏側は、にきびのできやすい目の届きにくい部位なのです。
あるとき突然かゆくなり、にきびの存在に気づくでしょう。

10代では無縁だったのに、20代になってから悩む人が増えています。
背中にきびは、思春期のホルモンに影響されるのとは異なる原因です。
大人にきびの大きな要因は、ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足。
若い頃と異なり、原因はあなたの生活の中にあるのです。

普段は見えなくても、衣類に接する背中は気になります。
にきびが炎症を起こすと、かゆみが強くなかかな完治しません。
こうなると、普段の生活でも気になって仕方ないですね。
結婚式やパーティでドレスを着る機会にも困ってしまいますね。
生活習慣を見直して、背中にきびを完治しましょう。
お肌をきちんとケアして、自慢できる背中に!!





背中にきびの治療

顔や胸はスベスベなのに、背中だけ悪化している。
身体の裏側は、顔にできるのと違って悪化するまで気づかないことも多い。
かゆみを感じたときには、症状がひどく治療が長引くこともあります。
かゆみや痛みが強い場合には、専門医を受診するようにしましょう。
炎症が強かったり重症化してしまうと、跡が残ることにもなりかねません。


治療は、ビタミンC誘導体を含むローションや化粧水を使う。
毛穴をふさいでいる角質を取るピーリングが中心になります。
ピーリングは、自宅でも手軽に行うことができます。
入浴にピーリング石鹸を使えば、古い角質を取り除ける。
入浴後は十分な保湿を行うことも大切です。
自分でケアが難しいときには、エステやクリニックを利用してみましょう。



背中にきびを予防

身体の裏側は、自分では見えない部位ですね。
鏡の向きを変えて見つける。
なるべく初期段階で発見する工夫をしましょう。
大人になってから発症した背中にきび。
不規則な生活や睡眠不足、食生活の乱れが要因となっています。
自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れる。
肌トラブルを避けるために、生活を見直してみましょう。
規則正しい生活を心がけて、睡眠時間を多めに取ることが大切です。


ビタミン類を多く含んだ食事、栄養バランスにも気をつけます。
睡眠時間は、肌の新陳代謝が活発になる午後10時~午前2時に眠るのがオススメ。
しっかりと睡眠をとることは、ストレス軽減にも繋がります。
清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス緩和にも役立ちます。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |