なぜ頭皮にきびができるのか?

にきびができるのは、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われない。
こうなると肌に残った角質により、毛穴が塞がった状態になる。
皮脂が毛穴から排出されなくて、肌トラブルを引き起こします。
本来なら皮膚の表面に出て行かなくてはならない皮脂が溜まる。
こうなると、毛穴が盛り上がった状態になります。
この状態でアクネ菌が増殖すると炎症がおき、にきびとなるわけです。

なぜターンオーバーが正常に行われなくなってしまう?
その原因はいろいろあります。
1.皮膚に刺激を与えて傷つけてしまっている。
2.ストレスからくるホルモンバランスの低下。
3.睡眠不足からくる細胞生成の機能低下。
にきびができてしまった場合、毎日の生活を見直し対策を考えます。
繰り返す"頭皮にきび"でお悩みのあなたに・・・


「先人の知恵」が頭皮を救う!?



頭皮にきびとは!?

顔はやはり人の目につくもの。
にきびができないように、ケアも念入りに行うでしょう。
頭は基本的に髪の毛で隠れています。
深刻に悩まない人も多いのではないのでしょうか?

頭も顔の延長、同じ皮膚を共有しているのです。
顔と同じくらい頭皮もデリケートであることを忘れてはいけません。

しかも頭は、顔に比べると、毛穴の数も多い部位です。
毛穴が密集しているため、皮脂の出る量も顔よりも多い。
頭は、にきびができやすい部位なのです。

普段から顔がべたつく、という脂性肌の人。
頭にはもっと皮脂が出ている可能性がある。
脂性肌の頭は、特に注意が必要です。
決してシャンプーの回数を増やすことではないです。
髪を洗うときは、髪の毛だけではありません。
頭皮の汚れもシッカリ洗うように心がけましょう。



頭皮にきびができてしまったら

頭皮にきびができてしまったのを確認できた。
決して自分で潰さないようにしましょう。
ただでさえ頭は目では確認しにくい部位です。
間違った頭皮ケアは、症状を悪化させる危険がある。
頭皮にきびは目で見えないから、余計気になってしまいます。

つい無意識に手で触りたくなってしまうものですね。
手についている菌がつくことで炎症を起こす可能性もあります。
なるべく触らないよう我慢が必要です。

ヘアケアをつけると、余分な油分がついてしまう。
一旦使用を中断し、頭を清潔な状態にします。
毎日使っている枕カバーも毎日洗濯しましょう。
意外と菌を増殖させている可能性があります。
毎日枕カバーを取り替えるのが大変であれば、工夫をしましょう。
枕にタオルを巻く、頭が触れる場所は常に清潔な状態にします。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |